Overview of 告知

over_01.png
over_02.jpg

ただ展示するだけならWebで良い

PCでグラフィック化されたアート群はWebサイトでもその意匠を十分に再現が可能だ。にも関わらず、ただプリンタで出力したものを陳列するだけなら、現実の空間で行う意味がない。それならwebで十分である。
そのジレンマをいかに解消するかが個展の最大のテーマだった。
それを解消するキーとなったのが、かつてデザインフェスタで展示を行ったさいに敢行した「箱庭的な空間再現」だった。外界より遮断された空間の四方を世界観に即した壁紙で覆い、床には空撮写真による世界全容を敷く。中空にキャラクターを吊し、簡易的な箱庭空間を再現する。
密閉空間を可能な限り利用する事で、より世界観を伝えるための現実空間を構築した。これがTOKYO-6 2010のコンセプトだった。